海の上で光る太陽

紫外線が肌に影響する肌老化は65%

 

紫外線が肌トラブルと深い関係がああるのはよく知られていることですが、太陽の光をあびることで起きる、エイジングに影響する紫外線は「光老化」といわれ、その影響率は65%にもなるのです。

 

エイジングの進行を見た目で分かる体の部位をご存知でしょうか?

一般的に光老化の進行は手を見ると分かると言われています。

手の甲にはしわやたるみといった肌老化の現象が多く現れます。

 

たとえば、光が当たらない体の部位はしろくすべすべしているのに比べ、紫外線を浴びやすい手の甲はしわやたるみが多くなってしまいます。

手の甲や顔はいつも外気に露出されている場所なので紫外線の影響を受けやすいのは当然のこと。

 

このように目に見えて分かりやすい症状は、紫外線がエイジングに影響しているまぎれもない根拠といえるでしょう。

 

紫外線の波長で起こる肌老化

 

グリーン光のイメージ01

 

このように、日常生活の中で切ってもきれない紫外線との関係は、浴びる時間によっても変わってきます。
時間といっても外出している時間ではなく、長年積み重ねた年月で蓄積されます。

 

紫外線によりエイジングが進行してしまう光老化は、日常生活を送っている以上切ってもきれない関係が続くものであるので、肌に影響する原因を知って付き合い方を工夫する必要があるでしょう。

 

たとえば、強い日差しの中で1時間紫外線を浴びると、皮脂細胞に傷ができ影響を受けています。
日焼けはもちろんのことですが、しみやそばかす、しわの原因にもなり、角質層の水分が奪われ肌乾燥になってしまいます。

 

「UV」の種類にはA波、B波、C波という波長が違う光線があります。
この光線のなかでも、A波は光老化に大きく影響し、また晴れの日だけに限らず雨や曇りの日にも現れ肌に影響を及ぼしてしているのです。

 

エイジングを予防して、いつまでもキレイな肌を保つには、紫外線との深い関係を知って、その原因から正しい7紫外線対策をかかさないことが重要となるでしょう。

 

紫外線対策で変わる肌トラブル

 

化粧水を取る手

 

肌の奥まで届く紫外線はコラーゲンにも影響を与えて気が付かないうちにしわやしみの原因になっていきます。

 

紫外線のA波は、B波に比べると、日焼けの症状がすぐにでないため、一見みると肌への影響がないように見えますが、時間を長くかけて肌に影響を及ぼします。

つまり、紫外線A波は肌の奥まで届くため、蓄積されたメラニンが徐々に表面に現れ肌に影響を及ぼすようになります、

 

それに比べて紫外線B波は、日焼けするとすぐに赤くなり肌表目に影響を及ぼすため、日光を浴びない対策をとることである程度防ぐことができます。

どりらにしても、紫外線は肌の老化を促進するという影響を及ぼしているので、徹底してふりそそぐ紫外線をブロックする紫外線対策が必要でしょう。

 

紫外線が影響するしわやしみ

 

イメージ08

 

紫外線Bは肌表面の表皮にとどき、紫外線A波は肌の表皮の下の層である真皮にとどきます。

 

肌の表皮や真皮に届いた紫外線で、メラニンが増えそのうえ表皮が厚くなりしみの原因になってしまします。

肌の真皮にまで到達した紫外線は、コラーゲンを変化させて壊してしまうためしわの原因となるのです。

 

紫外線を浴びた後にできたしみを薄くするために、美白効果がある化粧品でケアするとメラニンの産生を抑えることはできます。

しかし、メラニンが増えたことだけがしみの原因ではなく、細胞が傷ついてしまっていることも含まれるので、メラニンを抑えるケアだけではしみがうすくならないのです。

 

紫外線の影響を受けて変化してしまった細胞は完全には元へはもどらないため、紫外線の影響でできてしまってからすみを薄くするといったケアではなく、日頃の紫外線対策を意識してしっかりケアすることが肌トラブルを防ぐコツといえるでしょう。

 

紫外線のメリット

 

ハートと水と葉

 

紫外線はビタミンDを生成すつという利点があります。
ビタミンDの欠乏により骨の痛みや骨折などの症状が生じる可能性もあるのです。
また、紫外線の波長にもよりますが、精神的な部分での治療にも使われることがあります。

 

たとえば、どんより曇った日が続くと気分までどんよりしてしまうことはないでしょうか?
すっきりはれた青空、燦々と降り注ぐ日差しは、気分的にも私たちを心地よくしてくれます。

 

気分のスッキリするような日差しには紫外線が伴います。
しわやしみ、たるみといった老化現象を促進させるのは歓迎できませんが、日常的にこれからも紫外線とかかわらずに生活することはできない分けです。

 

ですから、

 

お天気が良い晴れの日に関わらず、曇りの日や雨の日にも紫外線は降り注いでいるので、日々意識してしっかり肌を守る肌ケアこころがけること。

また、できれば精神的にもストレスをため過ぎない安定した日々を過ごすことが重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA