イメージ05

エイジングケアの意味を知ると化粧品選びに失敗なし

 

エイジングケアとは?

簡単にいうと肌に起こる老化現象を予防する、または起きてしまった肌トラブルに合ったお手入れをすることで肌を整えること。

 

人の肌は一定周期で生まれ変わることをターンオーバーと言いますが、その乱れた周期によって古い角質が剥がれずに残ってしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

そこでターンオーバーを正常化させるお手入れがエイジングケアです。
エイジングケアは、個々の悩みに合ったケアが必要になります。
それは化粧品で言うと成分により効果も違ってくるからです。

 

肌の悩みで多く聞かれるのが、シミ、たるみ、しわ、毛穴、乾燥、くすみといった肌トラブルが一般的です。
毎日同じお手入れをしていても、しわやたるみが気になることってないですか?
それは、エイジングサインです。

 

エイジングケアはいつから始める?

 

 

化粧水を取る手

 

小じわは、20代では直ぐに戻っていても段々消えない深いしわに変化していきます。

30代では毛穴が気になり、40代ではしわやたるみ、50代ではしみ、くすみの悩みへと複合的な悩みになります。

 

肌老化には個人差はありますが、おおよそ25歳~35歳頃に感じるのが多いようです。

ですが、すぐにエイジングケアを始める方は意外にも少ないのです。

 

肌老化が進んでかなり症状があってからエイジングケアを始めたり、または45歳過ぎた頃には諦めてしまう方も少なくないようです。

 

エイジング(老化)が進むのは活性酸素の発生やコラーゲンの減少により加速してしまいます。

その活性酸素をいかに抑え込んで、コラーゲンを増やすお手入れをするかでお肌はかなり違ってくるのです。

 

肌老化の原因の一つとしては、エイジングケアを諦めてしまうことにもあると言えますね。

肌の悩みに合ったエイジングケアは、年齢肌であってもキレイな女性でいられるのです。

 

ターンオーバー正常化はエイジングケアの基本

 

 

ブルー水イメージ

 

ターンオーバーとは肌が生まれ変わる周期のことです。

新陳代謝が活発な20代では乱れることも少ないのですが、30代~40代になると新陳代謝が低下して、28日周期で生まれ変わっていた肌が、45日程度とだんだんと遅くなります。

 

肌の表面には角質があり、ターンオーバーが遅くなると古い角質が蓄積して厚くなり肌をくすませます。

そのうえ、メラニンの排せつも低下するためその作用でしみやくすみがでやすくなります。

 

ターンオーバーを高めるには、余分な角質を除去することでターンオーバーが正常化し、メラニンの排せつを促し、くすみの改善や古い角質が剥がれると角栓なども取れて毛穴の開きを目立たなくします。

 

肌の表面が活性化し始めると、コラーゲンの促進にもなりしわやたるみの予防に繋がります。

また、古い角質が剥がれると化粧品の浸透性も良くなりエイジングケアが効果的になります。

 

ここまででは、古い角質を除去して化粧品の効果性を高めることがエイジングケアの第一歩と考えますが、その基本にはターンオーバー正常化があることを忘れないでくださいね。

 

エイジングケアにピーリングの方法が第一歩

 

 

イメージ02

 

次は、角質を除去する方法についてですが、新陳代謝をアップ、コラーゲンを増やしてできてしまったメラニンの排せつを促し、古い角質を除去する作用が肌老化の改善にはたらきます。

 

効果的な方法として考えられるのがピーリングです。

ピーリングと聞くとイメージ的に抵抗がある方もいるかもしれませんが、今は安全な方法があり、皮膚科ではニキビ、しわ、しみなどの治療にピーリングが導入されています。

また、自宅で手軽にできるピーリングには、ポロポロ角質を落とすタイプ洗い流すタイプなど肌にやさしい自然成分の化粧品も多くでています。

 

いつものお手入れにプラスして、週2回程度の定期的なピーリングを取り入れてみてはいかがでしょう?
気になる肌トラブルに、エイジングケアの第一歩として始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA